コラム

犬や猫の歳のとり方と、飼い主が持つべき覚悟

犬や猫の歳のとり方と、飼い主が持つべき覚悟

私たちと同じ時間を生きるペットたち。

でも、歳をとるスピードは同じではありません。

早く老いるのはペットのほう。

どれほどかわいがっていても、ほとんどの場合、飼い主がペットを見送ることになるのです……。

私にも愛犬が2匹いますが、もしこの子たちを失ったら……と想像するだけで自然と涙があふれてきます。

支え合いながら生きてきた、かけがえのないパートナー。

いずれ訪れる“そのとき”へ向けて、私たち飼い主の覚悟について考えます。

犬の歳のとり方

一般社団法人ペットフード協会の調査によると、犬の平均寿命は14.44歳。

犬のサイズが小さいほど寿命が長い傾向があり、

・超小型犬(~5kg):15.20歳

・小型犬(6kg~9kg):13.99歳

・中型~大型犬(10kg~):13.69歳

が平均値となっています。

犬は、1年間で約4歳ずつ歳をとります。

目安では、

<犬の年齢: 人間の年齢>

……となります。

ちなみに、ギネスに認定された長寿の犬は、オーストラリアのビクトリア州で暮らしていた犬のブルーイちゃん。なんと29歳まで長生きしたそうですよ。

きっと、家族に愛された幸せな生涯だったのでしょう。私も愛犬たちと、1日1日の“幸せ”を積み重ねていきたいと感じました。

猫の歳のとり方

アニコム損保の統計によると、猫の平均寿命は14.2歳。しかし野良猫の寿命まで計算に含まれているので、この数値はあくまで目安でしかありません。野良猫は怪我や病気のリスクが高く、室内飼育のペットに比べて短命になりがちといえるでしょう。

最近では、「さくら猫」として地域で野良猫を見守る活動が増えてきています。しかし、野生だとなにかと危険がつきもの。ペットでも野良でも、すべての猫たちが幸せに寿命をまっとうしてほしいですね。

猫は、最初の1年で、人間の18歳まで一気に成長します。2年目では24歳になり、3年目からは1年に4歳ずつ歳をとるといわれています。

目安では、

<猫の年齢: 人間の年齢>

ちなみに、ギネスに認定された長寿の猫は、アメリカのCreme Puffちゃん。なんと38歳まで長生きしたそうです。猫の38歳というのは、人間でいうところの170歳。まさに大往生ですね!

ペットとの死別……飼い主が持つべき覚悟

私たちと同じ時間を生きるペットですが、ペットの体内の時計は人間よりも遥かに早くすすみます。

どれほど仲がよくても、どれほど大切に育てていても、ペットのほうが短命なのです。

でも、別れのときを怖がってばかりもいられません。それがペットにも伝わって、「どうしたの?」なんて心配されませんから……。

今、高齢や病気のペットを抱えている方は、別れの予兆を前に、不安な気持ちでいっぱいかもしれません。でも、だからこそ、笑いませんか? 飼い主さんの笑顔があるから、ペットはありのままで過ごせるのです。

ペットの死を看取れるのは、飼い主さんしかいません。どうか目を背けずに、やさしく体をなでてあげてください。

1日、1分、1秒を大切に……「一緒にいられて幸せだよ」と、いつでも伝えてあげてください。そして、「出会えてよかった」のひと言も。

ペットをいくら子どものようにかわいがっていても、人間の世界とは異なり、子(ペット)が親(飼い主)を看取ることはほぼ無いといって良いでしょう。悲しいですが、一般的には、飼い主がペットを看取らなければならないのです。

飼い主にとっては心がちぎれるほど辛いことですが、でも、ペットの立場だったらどうでしょう。大好きなあなたが側にいてくれれば、おだやかな気持ちで目を閉じられるのではないでしょうか。

生涯、最後の1秒まで愛されていたこと……ペットにとってこれほど幸せなことはありません。

私にも、いつかは愛犬を見送る日がやってくるでしょう。そのとき、自分の心を保っていられるかどうか、正直自信がありません。もしかしたら、生きていられないほどに打ちのめされるかもしれません……。でも、だからこそ、こう考えたいのです。「愛犬につらい思いをさせるよりは、これで良いんだ」と。

私たちにとってペットが大事な存在であるように、ペットにとっても飼い主は“生きがい”そのものです。生きがいをなくす経験なんて、誰だって大事なペットにさせたくはないですよね。だから、もし“そのとき”がきても、これで良いのです。つらいですが、さびしいですが、私が愛犬を看取る日には、そう自分に言い聞かせるつもりです。

まとめ

飼い主には、最後の1秒まで、ペットを愛し続ける覚悟が必要です。しかし、愛した分だけ別れのダメージは甚大でしょう。

でも、それで良いのです。その痛みをペットに体験させないで済むのであれば……。

ペットの死はつらいですが、生きものと関わる以上は避けては通れないこと。早かれ遅かれ、ペットを飼っていれば誰もが経験するのです。

だから、“そのとき”を考えてくよくよ過ごすなんて、勿体ありません。

短い生涯だからこそ、「今」を大切に、ペットと共にたくさんの思い出を紡いでいってくださいね。

【滋賀のペット火葬・葬儀なら天国への扉ペットメモリアル滋賀】

24時間電話・LINE受付

https://tengokutobira-shiga.com/

TEL 0120-992-003

LINEでお問い合わせ
0120-992-003